• 植木屋 中嶋

ヤッケとは何?外仕事の強い味方!

最終更新: 2020年10月10日


横浜市緑区の植木屋 中嶋です。

お世話になっております。


最近では気温が高くなって、

外仕事も楽になってきましたが

それでも朝や夕方はまだ寒いです。


そんな時はヤッケが必需品なのですが

家族にヤッケの話をしても、

ヤッケ自体を知らないので、

なかなか素晴らしさが通じません。


ですので、今回は寒い時期の外仕事に必要なヤッケについて書いていきます。


あると本当に便利なので是非知ってほしいです!



そもそもヤッケとは何?

これがヤッケです。 素材はナイロンやポリエステル生地を使用しています。 事実、外仕事をする植木屋や土木の人のほとんどが利用していますが、

その2つの生地以外のヤッケは見たことがありません。


使い方は業服のさらに一枚上に着て、風や寒さを防ぐものです。撥水加工をされているものが多く、多少なら雨風を凌ぐことができるので、今の時期なら、

服の汚れが気になるが、外仕事で暖かい格好をしたい人のための物です。

そのため、庭仕事はもちろん。キャンプなどのアウトドアをするにも人気です!


ヤッケの選び方

主に下記3つの部分で、それぞれの好みや使用用途に合ったものを

セレクトするのがいいと思います。


  1. デザイン

  2. 生地


1 デザイン

フードがついているもの、ハーフジップやフルジップなどがあります。

ここで重要となるのは意外にもポケットの場所と数です。



仕事なので携帯電話を常に持っておきたいときに、マジックテープでとめられる胸ポケットがあると安心しますよね。

または、殺菌剤などの薬品をいれて脚立に登るときも、

入れられるポケットが横にあれば、両手がふさがりません。

因みにこの画像のヤッケのポケット数は3つです。


2 色

好きな色や柄を選んでください。

昔は黒やネイビー、茶色が殆どでしたが、最近ではレディースを中心とした柄ものだったり、派手なものも増えてきました。

近年のガーデニング人気のおかげかもしれません。

←探してみたらオシャレ着のようで驚きました。

こういう明るい色で柄だと汚れも目立ちにくいと思うのでいいかもしれません。




3 生地

最初に書きましたが2つに分類されます。

ナイロン生地のものは

撥水加工がされているものが多く、比較的に薄いので春や秋に使う感じで冬場などには向きません。


春や秋といった過ごしやすい気候でも

外で風を受けていると意外に体力を消費します。それを防ぐ面でもおススメです。

また、汚れや虫などが心配なときに重宝しています。


ナイロン生地ですと季節的に脱ぎやすいようにフルジップの方が使いやすいと思います。






ポリエステル生地のものの多くは綿が入っており、キルティングヤッケと呼ばれています。そのため寒さ対策で使うならこれです。

作業着の上に着るので、少し大きめを選ぶことが重要になりますが、それで着ぶくれて作業が難しくなるのでは本末転倒です。

ですので、丈を縛るものがあること、袖に綿が少ないものを選ぶといいでしょう。寒さを防ぐので、こちらはハーフジップをおすすめします。



何処で買えるの?

近くの作業着屋、ホームセンターで間違いなく売っています。

そのような場所が身近にない場合は、ネット通販などでも売っていますので

そちらを探してみるのもいいかもしれません。

参考までに新しくヤッケを買うならという気持ちで

良さげなものを探してみました。



男性もののヤッケは地味なものが多いので、赤や青など派手なものがあると

他の人とは違いが出て、面白いと思います。

こういった作業着でも明るい色を着ると、気分も明るくなるものです。


今回の記事は以上です。

ヤッケの素晴らしさは伝わりましたでしょうか?


最後までご覧いただきありがとうございました。


植木屋 中嶋