• 植木屋 中嶋

植えてはいけない植物たち(コニファー編)

横浜市緑区の植木屋 中嶋です。


今回は植木屋として管理の観点から

お庭にあたらしく、植物を地植えするときに、

おススメしない植物を紹介していきたいと思います。


初回はコニファーです。

コニファーとは

針葉樹の総称で世界的に数万種類の仲間がいる植物です。

クリスマスツリーで有名なモミの木もそこに含まれます。

種類の中でもゴールドクレスト、シルバースターなどが有名でホームセンターなどで手軽に購入ができます。


わかりやすい植木としての形から見栄えが良く、戸建ての住宅や、マンションなどで多く使われています。

ネットで検索をかけると庭木にぴったり、おススメという記事を見かけますが・・・・

私はおススメしません。


おススメしない理由

理由としては管理の難しさにあります。

具体的には

・想像以上に大きくなるから

・形が崩れやすいから


上の画像を見てもらえれば理解してもらえると思いますが

放っておくと、とても大きくなります。もちろん種類によってそのレベルは異なりますが、購入当時だと小さく可愛らしいのですが、想定以上に大きくなり管理が難しくなります。

大きくなると電柱サイズにもなり、意外にも根の張りが浅いため、台風などがあった場合の倒木などの危険性も充分考えられます。

切ればいいのでは?という疑問が出てきますが、

三角形に棒を突っ込んだような形をしているコニファーは

切ると形が崩れてしまいます。元の形には成長しても戻りません。

また、実際に切って形を整えても、全体的というよりもポイントで葉が伸びていき、

すぐに形がくずれてしまいます。

(鬼太郎の妖怪アンテナのように部分的に色々な所から伸びます)


それでも植えたい方へ


・植える場所をかんがえる。

管理のしやすい場所、高くする場合は脚立が立てやすい場所など計画的に!


・大きくしないために

これ以上、大きくなってほしくない高さになったら、真ん中の太い幹の先端を切りましょう。これをすることにより、これ以上背が伸びません。


上記を守るだけで、大きくなって管理が出来なくなるという最悪のケースからは逃れることが出来ます。

好きで植えなくても分譲住宅ですでに埋まっている場合の多い

コニファーですが、やはり大きくしないことが何よりも大事です。


実はコニファーは伐採を頼まれる植木の上位になります。

もしお客様の手で管理が難しくなったら是非お声かけください。